コレクターに人気の切手の特徴

手彫り切手の持つ魅力

切手のコレクターの間で高い人気を誇るプレミア切手が、手彫り切手です。職人技の光る手彫りの版で作られた切手は、高い芸術性を帯びていて、その表情の豊かさに魅了されてしまうファンが多いようですよ。明治時代に作られた鳥をデザインした手彫り切手は、現存している数も限られていることから、高額で取り引きがされています。
手作りで作られた切手ならではのぬくもりが伝わる手彫り切手は、同じデザインのものでも一枚ごとに出来栄えが異なり、査定経験のあるプロでも査定が難しい切手としても知られています。絵柄の美しさのみならず、淵の余白部分のバランスも査定の上で重要な要素となるので、丁寧に時間を掛けて査定が行われているのです。そのような厳しい査定を経て、価値を認められた手彫り切手が、コレクターの心を引きつけています。

消印のある切手の方が高額な場合もある!

切手の価格を決める際には、未使用の切手よりも消印の押してある切手の方が高額な査定となるケースもありますよ。自宅に眠っている古切手が使用済みのものばかりであっても、意外な高額査定がつく切手が見つかることもあるのです。
消印の押してある切手は、切手自体の価値のみならず、消印の価値も査定を左右します。ボタ印やダンダラ印と呼ばれるプレミアム消印が押してある切手に力を入れて集めているコレクターも多く、オークションでも人気のある切手となっていますよ。消印の押し方ひとつで、切手の表情も違って見えてくるところが興味深いですね。
また、切手のど真ん中に丸く押印された満月印の切手も、コレクターが好む切手のひとつです。消印の日付や受付局が読み取れるところが満月印の魅力です。