小さな切手をきちんと分類するコツ

ピルケースに入れてキレイに整理

100円ショップにも売ってある薬を入れておく仕切りがあるピルケースですが、切手の収納に最適なのです。
ピルケースの1マスの大きさが通常の切手のサイズとほぼ同じなので、透明なピルケースに切手の種類ごとに収納すれば一目で見分けることができ、枚数もある程度収納できます。ピルケースの形は丸いタイプではなく、四角いタイプを選ぶと見やすく、使いやすいです。
ピルケースには切手をシートで収納することができないので、収納は一枚ずつ切り離して収納することになります。なので、使いたいときにすぐ使えるようにしておきたい方にはおすすめです。
一枚ずつ切り離して収納するタイプであれば、小さなタッパーなどでも代用が可能ですが、タッパーだとかさばってしまったり、何円切手のタッパーがない!なんてことにもなりかねないのでご注意ください。

アルバムやクリアファイルに入れて整理

ピルケースは厚みがあるので、コンパクトに収納したいという方には、写真アルバムやクリアファイル、カードケースなどがおすすめです。
こちらも100円ショップで購入可能で、雑貨屋さんなどへ行けばかわいいものも多く、種類が豊富ですよね。
ピルケースとの違いは、一枚ずつの収納もできますが、シートでの収納が可能ということです。シートで収納することで、記念切手などもきれいに保管できたり、切手に触れることが少なくできるので切手自体も傷みにくいです。
また、クリアファイルや写真アルバムに収納すれば切手以外にも郵便はがきや封筒、はがきなども一緒に収納できるので、郵便関係の収納が一つで済み、すっきりします。小さいカードケースに収納すれば、持ち歩いて使用することもできます。